黒ずみの基礎知識

デリケートゾーンの黒ずみにトラネキサム酸は効果があるの?副作用はない?

投稿日:

トラネキサム酸と聞くと、美白効果が高いというイメージがありますよね。

☑トラネキサム酸はデリケートゾーンの黒ずみにも効果はあるの?

☑実際のところデリケートゾーンに使っても問題ない?!大丈夫?

黒ずみ先生
トラネキサム酸の副作用も含めて徹底リサーチしました

 

トラネキサム酸とは

トラネキサム酸は、美白効果がある成分

そもそもトラネキサム酸とは、人工的に作られたアミノ酸。止血剤として医療現場では使われています。

他にも、炎症を抑える・出血の予防、治療などの際に使用されている成分です。また、顔のシミ(肝班)にも効果的だということで、市販薬や化粧品にも配合されるようになりました。

黒ずみやシミへの効果としては、シミの原因であるメラニンを作り出すメラノサイトの周りの細胞に働きかけ予防するといった特徴があり、その働きによってメラニンの生成を抑制する働きがあります。

 

デリケートゾーンの黒ずみに飲むトラネキサム酸と塗るトラネキサム酸どっちがいい?

【結論】

全体的にケアしたい→飲むトラネキサム酸

集中して特定部位をケアしたい→塗るトラネキサム酸

一般的にトラネキサム酸には塗るタイプ飲むタイプとがあります。

まず、飲むタイプのトラネキサム酸ですが、市販されている商品には主にシミ・そばかすなどに効果的と書かれているものが多くあります。トラネキサム酸を服用した場合、その有効成分は血流に乗って皮膚の隅々まで届けられます。それによって表皮の奥深くにあるメラノサイトにまで働きかけて効果を発揮してくれます。

いっぽう、塗るタイプのトラネキサム酸はシミや黒ずみが気になる箇所に直接塗り込んでいくため、有効成分が気になるところにだけにしっかりと届きます。ケアしたい場所だけをじっくりとケアしていけます。

 

デリケートゾーンの黒ずみには塗るトラネキサム酸のほうがいい?

トラネキサム酸には飲むタイプと塗るタイプとがありますが、デリケートゾーンの黒ずみケアをしたいと考えるのであれば、塗るタイプの方をおすすめ

なぜかというと、飲むタイプのトラネキサム酸は服用すると有効成分が身体を巡っていきます。そのため、デリケートゾーンの黒ずみに都合よく効果を発揮してくれるとは限りません。より一層効果を感じたいのであれば、塗るタイプのトラネキサム酸の方が効果的だからです。

デリケートゾーンの黒ずみというピンポイントな場所のケアですから、ちゃんと効果を感じたいですよね。

 

デリケートゾーンをケアするのにトラネキサム酸以外にも気を付けたいこと

デリケートゾーンは下着のこすれやガードルなどの締め付け、生理のときのナプキンの刺激が原因で、色素沈着が起こりやすくなります。そのためどうしても黒ずみができやすい場所です。なるべくお肌に刺激を与えないように、下着もキツめのものを選ばない、お肌に優しい素材を選ぶなど、常に低刺激を心がけることが大切です。

お肌をいたわる習慣を心がけつつ、塗るタイプのトラネキサム酸でケアしていくことで、さらに効果を感じることができます。お風呂上りなどの清潔なお肌に丁寧に塗り込んでいくことがコツです。根気よく毎日続けていきましょう。

 

トラネキサム酸は敏感なデリケートゾーンに塗ったときの副作用はあるの?

塗るトラネキサム酸のクリームの副作用

ピューレパール伸ばしたところ

トラネキサム酸を塗った後の副作用を調べてみましたが、結論からいうと副作用はまれで重い副作用はありません

トラネキサム酸は安全性が高いと言われているため、適正な濃度での使用であれば問題なくデリケートゾーンにも使用できます。

しかし、デリケートゾーンは他の場所に比べるととっても敏感。

もともと敏感肌、お肌が弱い人は塗った後にかゆみや赤みが出ないとは言えません。

もしも、デリケートゾーンに塗った後に違和感があるようでしたら、使用を中止しましょう。

飲むトラネキサム酸の副作用

ちなみに、飲むタイプのトラネキサム酸の副作用として、腹痛、頭痛、吐き気、発疹などが報告されています。

さらに、トラネキサム酸には止血作用があります。

市販されている歯磨き粉の中にも歯ぐきからの出血や炎症を抑えるために配合されているタイプのものもあります。他にも止血作用によって血栓が溶けにくくなることがあるため、脳血栓などの血栓症の疾患がある人は注意が必要です。服用する前には必ず医師に相談することをおすすめします。

 

まとめ|デリケートゾーンへのトラネキサム酸の効果

トラネキサム酸は特徴、副作用なども考慮して判断すると、塗るタイプの方がデリケートゾーンの黒ずみケアには向いています

毎日、気になるところにだけ集中的に塗り込んでいくことで、デリケートゾーンの黒ずみに直接アプローチしていくことができます。

とはいっても、飲むタイプのトラネキサム酸の効果も期待できそうなので気になりますよね。お肌のターンオーバーなどを考えると効果には個人差がありますが、トラネキサム酸の美白効果や特徴、副作用などをしっかりと理解して、上手にデリケートゾーンの黒ずみケアをしていきましょう

トラネキサム酸を配合してデリケートゾーン用のクリームとして開発されたのがイビサクリームです。

もともとブラジリアンワックス後に使用するために開発されたので、肌への刺激はなく優しいクリーム。

黒ずみ先生
デリケートゾーンにトラネキサム酸配合のクリームを探しているのなら、わたしも使っていますが刺激なくかなりいいですよ

>>デリケートゾーンの黒ずみ対策ジェル!【イビサクリーム】

参考サイト:

ウィキペディア|トラネキサム酸

日本血栓止血学会|トラネキサム酸・イプシロンアミノカプロン酸

第一三共ヘルスケア|皮膚科医が教える肝斑治療

-黒ずみの基礎知識

Copyright© 【2019年版】黒ずみクリームおすすめ|黒ずんだ肌を本気で治す口コミサイト , 2019 All Rights Reserved.