黒ずみクリームおすすめランキング

肘膝(ひじ・ひざ)の黒ずみを消すおすすめクリームランキング

更新日:

黒ずんでざらざらで膝上スカートが履けない

☑ひじが黒ずんでいて象の皮膚みたいにガサガサで恥ずかしい

いつの間にかできてしまったひじ・ひざの黒ずみ。

ファッションも自身が持てないし、着たい服があっても躊躇してしまいますm(__)m

黒ずみ先生
そんなひじ・ひざの黒ずみを治してくれる黒ずみケアクリームを紹介します

ひじ・ひざの黒ずみを治すための黒ずみクリームの選び方

黒ずみができる原因はメラニン

肘・膝の黒ずみを治すためには、4つのポイントを満たしているクリームを選びましょう。

ポイント

☑しっかり保湿できる

☑メラニンの生成を抑える

☑刺激がない

☑続けていける値段

しっかり保湿できる

黒ずみケアには肌を保湿して肌バリアを作り、外部の刺激から肌を守ることが重要です。

ひじ・ひざは他の皮膚よりも分厚いので、よりしっかりと保湿ができるクリームを選びます。

メラニンの生成を抑える

黒ずみができるのはメラニンが生成されるから。

そのメラニンを作ること自体をおさえるための、メラニンの生成を抑える成分が入っているクリームを選びましょう

メラニン生成を抑える成分として有名なのは、トラネキサム酸です。

刺激がない

塗ってみて刺激があると、かゆみ肌荒れを引き起こし、メラニンの生成を促してしまいます

黒ずみケアクリームは、敏感な部位に塗るために刺激がないように作られているクリームが多いのです。

ただ、人のよっては刺激を感じることもあるので、余計な添加物が入っておらず肌に優しいクリームを選びましょう。

続けていける値段

黒ずみケアクリームは塗ってすぐに効果がでるものではありません

数か月単位で効果を見ていく必要があります。

なので、1回購入したら終わりではなく、2ヵ月3か月続けて初めて効果が出ます。

だから、続けることが厳しく途中でやめてしまい、効果も中途半端になってしまいます

 

ひじ・ひざの黒ずみにおすすめのクリームベスト3

1位 ビアネージュ



【特徴】

☑有効成分:トラネキサム酸・グリチルレチン酸ステアリル

☑オリジナルテクノロジーでナノ化に成功!成分が浸透しやすい

☑固めのテクスチャーでしっかり保湿

☑1回分返金保証つき

クリニックでも使われている美白成分「トラネキサム酸」が配合されています

オリジナル技術で成分が肌に浸透しやすい、パッケージもかわいく使いやすいです。

\ 今すぐタップ! /

ビアネージュ詳細を購入する

 

 

2位 イビサクリーム



【特徴】

☑ブラジリアン脱毛専門店が開発した女性の為の専用クリーム

☑有効成分にトラネキサム酸・グリチルリチン酸2K配合

☑4種類の美白サポート成分と8種類の潤い成分

☑医薬部外品

☑28日間返金保証あり

黒ずみケアクリームと言ったら「イビサクリーム」というほど、人気があって認知度が高い

口コミでも黒ずみ先生が本当に使用した女の子に聴きとり調査を取った折、80%の人が効果があったと返答しました。

アトピーがあって敏感肌のわたしでもちゃんと使えました。

\ 今すぐタップ! /

イビサクリームを購入する

 

3位 クロキュアEX

【特徴】

☑血行促進成分「トコフェロール酢酸エステル」

☑尿素で高い保湿力

☑小林製薬株式会社

☑第三類医薬品

美白成分は配合されていませんが、肌を保湿して血行促進することによって、ひじひざのザラザラを滑らかにしていくクリームです。角質が厚くなってできた黒ずみ、ザラザラが気になる人におすすめ

 

ひじ・ひざの黒ずみケアクリームの効果をよりアップさせるための3つの方法

ピューレパール伸ばしたところ

①たっぷり塗る

②優しく塗る

③二度塗り

たっぷり塗る

ひじ・ひざは普通の肌よりも分厚いので、多めにたっぷり塗ると保湿力がアップします

優しく塗る

肌に刺激を与えないようにやさしくクリームを塗ります。せっかくの黒ずみケアクリームもごしごしと塗ってしまったら、それが刺激になって黒ずみを増やしてしまいます。

二度塗り

黒ずみケアクリームの効果をよりアップさせるために、1度塗って乾かしてから上から2度塗りします。よりクリームの成分が肌に浸透するので効果がアップ!

 

スクラブは自己流でやるのは注意

スクラブは簡単に分厚い角質を除去できるのでやりがち。

でも角質を削れても肌に刺激を与えてしまいます。

自己流でやるのはあまりおすすめしません。

やるのであれば、お風呂でしっかりと肌をふやかしてから、優しくスクラブを行い、そのあとはしっかりと保湿をすること。

ただし、やりすぎや力の入れすぎはNG

☑肌への刺激になって黒ずみがひどくなる

☑肌を傷つける恐れがある

といったデメリットが出ることもあります。

 

普段の生活で黒ずみを悪化させないために気を付けること

☑肘を机につかないようにする

☑日焼け(紫外線)対策をする

肘を机につかないようにする

普段無意識でいつの間にかひじをつく癖を、意識してやめましょう

摩擦がひじの角質を分厚くしてしまいますし、色素沈着(黒ずみのこと)を招きます。

ついついやってしまいがちですが、「ひじをついていたら注意してね」と周りの人にもお願いしておき、癖を治すことが大切です。

せっかく黒ずみケアクリームでケアしていても、また肘をついてしまい黒ずみをつくってしまってはいつまでたっても薄くなりません。

日焼け(紫外線)対策をする

紫外線を浴びるとメラニンが生成されます。

特に夏場は半そでや短パンなどを履いたり、肌の露出が増えます。

紫外線を浴びないように、ひざやひじを隠した服装をするか、肘膝にも日焼け止めクリームを塗って紫外線対策を行いましょう。

-黒ずみクリームおすすめランキング

Copyright© 【2018年版】黒ずみクリームおすすめ|黒ずんだ肌を本気で治す口コミサイト , 2018 All Rights Reserved.