黒ずみ先生が本当に効果のあるおすすめクリームを厳選

黒ずみの基礎知識

ブラの色素沈着を治す方法|自宅で簡単に治すクリニックで早く治す

投稿日:

ブラの色素沈着を治す方法には自宅で治す方法とクリニックで改善するやり方があります。

ここでは、自宅で自分でできる方法とクリニックでできる方法を紹介しますね。

 

ブラの色素沈着を治す方法

自宅でケアできる色素沈着対策

自宅でできる色素沈着のケアは、費用が安く抑える反面、効果が実感できるまでの時間がかかることがデメリットです。

保湿

色素沈着を薄くするには保湿が重要になります。

保湿をすることにより、肌バリアが作られます。

肌バリアが作られることにより新たな黒ずみの生成を防ぎ、正常なターンオーバーができることにより今ある色素沈着をだんだんと薄くしてくれます。

 

肌をこすらない

肌をこすらないようにしましょう。

同じ箇所を何度もこする事で肌の防衛機能としてメラニン色素が生成されるからです。

 

黒ずみクリーム

黒ずみケアの専用クリームが販売されています。有効成分により新しく色素沈着ができるのを防ぎ、だんだんとターンオーバーによって色素沈着を薄くしていくことができます。

おすすめの黒ずみケアクリームはこちら

>>【2018年版】黒ずみクリームおすすめ!効果・有効成分・価格・口コミ徹底比較

 

美容クリニックで色素沈着治療方法

美容クリニックや皮膚科でできる色素沈着の治療は、効果は短期間ででますが費用が高額になりがちな点と通院に時間がかかる点がデメリットです。

ピーリング

美容クリニックなどで行われているピーリングは酸の力を利用して古い角質を取り除いていきます。

自宅でできるピーリングよりも効果は強力です。

肌の代謝を促進する事ができて少しずつ黒ずみも薄れていきます。

 

レーザー治療

費用は高いですが、一番即効性があるのがレーザー治療です。

レーザー治療は真皮層まで効果を発揮し、肌の奥深くまで作用していきます。

レーザー治療ならメラニンが真皮層にまで影響していても改善できるのです。

ただ、レーザーも相性があり、せっかく治療しても期待するほど色素沈着が薄くならないケースもあります。

 

ブラで色素沈着ができる3つの理由

ブラで色素遅着が起こる理由は、肌の防衛機能としてメラニン色素が生成されてそれが処理されず積もっていくからです。

普通は肌のターンオーバーでメラニン色素は剥がれ落ちていきますが、肌への刺激が頻繁であるとターンオーバーのスピードよりもメラニン色素ができる速度が速くなります。

結果、ついにはメラニン色素が溜まってしまします。そして色素沈着となってしまうのです。

多い原因は「ブラの摩擦」「脱毛」「カミソリ・毛抜きでの自己処理」の3つです。

 

ブラの摩擦

肌は刺激(摩擦)を受けると肌を守るために色素沈着を起こします。

ブラジャーの紐の部分がこすれて肌に何度も刺激を与えるので、ブラ紐が当たる部分は摩擦が起き色素沈着が起きやすいんです。

ブラ紐って知らぬうちにこすれて、かゆくなって無意識にかきむしったりしちゃいますよね。

また、背中のホックあたりもよくこすれて背中にしらぬまに色素沈着での黒ずみができたります。

 

脱毛

脱毛サロンやクリニックで脱毛をしたときに、肌にダメージを受けたり、脱毛後のケアを怠ると色素沈着の原因になります。

脱毛サロンなど、専門家に脱毛してもらうとトラブルはなさそうですが、一概にそうとは言えないのです。

実は脱毛施術では色素沈着が起きるリスクがあります。

色素沈着が起きてしまう原因は肌への刺激。

脱毛施術で使われるのは光やレーザー。

メラニン色素(毛の黒い色)に反応して、毛根を壊して脱毛するという仕組み。

でも、毛根だけキレイにあてられて肌へのダメージがまったくないのならよいのですが、脱欧マシンの光やレーザーを照射するとジェルなどで肌を保護していても、どうしても肌への刺激になります。

サロンやクリニックで脱毛施術を受ける時には照射の刺激を自分でコントロールをする事はできません。

したがってその点においては信頼のおける腕の確かなスタッフがいるサロンやクリニックを選択する事が特に重要になります。

また、脱毛の前後に脱毛サロンやクリニックからの注意事項を守ることで脱毛による色素沈着を防ぐ事はできます。

 

カミソリ・毛抜きでの毛の自己処理

カミソリでの自己処理も肌ダメージをもろに受け、また繰り返すことで色素沈着が定着する原因になります。

なるべくなら、カミソリや毛抜きなどの自己処理の回数は少なければ少ないほど肌には負担がなくよいです。

自宅で無駄毛処理をする方法としてポピュラーなのがカミソリを使う方法ですよね。

しかし、カミソリでの毛の処理は手軽にできるのですが、肌へ与えるダメージは半端なく大きいんですm(__)m

かつては、美容サロンなどでも無駄毛処理にはカミソリを使う事が主流だった時代もありました。

でも、今はなるべくなら使わないが肌のためには〇。

もし、カミソリで毛を自己処理する場合には、肌への負担を少なくする事が特に大事になります。

刃が新しい状態である事。まともに毛を剃れないようなカミソリでは何度も刃を肌に当てる必要があります。その分肌への刺激が多くなります。

次に逆さ剃りをしない事。毛の流れと逆方向に反る事はしないでください。肌への負担が大きくなります。そして剃る時はなるだけ一度で処理するように集中しましょう。

何度もカミソリで肌を刺激してはメラニン色素の生成を促進させる事になります。

また、毛抜きでの自己処理は、毛を抜くときに周りの肌へのダメージが大きくポツポツした黒ずみを引き起こす原因にもなります。

腋毛の自己処理は、長く続けているとポツポツの色素沈着やカサカサとした黒ずみを作りますよ。

 

ブラで色素沈着になるのを予防する4つの方法

ブラでの色素沈着を予防できる4つの方法をお伝えします。

下着のサイズ

下着のサイズはちょうどよいサイズを選びましょう。

なかなか自分で選ぶのは難しいので、ちょっと恥ずかしいですが試着のときに店員さんに一緒にチェックしてもらうのがよいです。

大きすぎても小さすぎても、変にこすれたり体をしめつけすぎて跡になったりしてよくありません。

もし予算が許せば、セミオーダーやオーダーメイドのブラジャーがぴったりに作ってくれるのでよいですよ。

色素沈着の点からのメリットだけではなく、おっぱいがたれたりするのを防止してくれますし、また見た目もキレイなバストトップになります。

 

ワイヤー

人によってはブラのワイヤーがこすれてかゆくなったりして色素沈着の原因になります。

もしワイヤー入りブラでかゆかったり刺激を感じるときには、ノンワイヤーでもしっかりと支えてくれるブラが増えてきているので一度試してみてください。

 

ブラの素材

ブラジャーの素材は、ポリエステルなどではなく綿がおすすめ。

肌当たりがよい素材を選びましょう。

 

ブラで蒸れないようにする

ブラジャーのアンダーバスト部分は特に汗をかきやすく蒸れやすいです。

蒸れるとかゆみを生じてかくようになります。

すると刺激になり色素沈着なります。

ブラの素材でお伝えした綿が風通しがよく通気性がよいのでおすすめですよ。

 

ブラで色素沈着できる場所

ブラジャーで色素沈着になりやすい場所は、背中のホック部分、肩紐部分、ブラカップのアンダー部分(ワイヤーが当たるところ)の3か所です。

 

どうしても皮膚と摩擦が起こりやすいので、かゆくなってかきむしってしまったり、ブラがこすれることによりメラニンが生成されて色素沈着になります。

-黒ずみの基礎知識

Copyright© 【2018年版】黒ずみクリームおすすめ|黒ずんだ肌を本気で治す口コミサイト , 2018 All Rights Reserved.