黒ずみ先生が本当に効果のあるおすすめクリームを厳選

未分類

ビーソフテンクリームの黒ずみへの効果はどう?成分や副作用を徹底検証

投稿日:

ビーソフテンクリームは、皮膚科などの医療機関で処方される保湿クリームです。皮膚の乾燥からくる症状に適応があり、クリームを塗った部位の血行を促進する効果があります。保湿の目的としてだけではなく、色素沈着を起こした肌の状態を改善してくれるとして、黒ずみの気になる方の新しい治療方法として注目が集まっています。

 

ビーソフテンは黒ずみへ効果あるのか?

ビーソフテンは、黒ずみへ効果があります。

ただ、黒ずみの種類によって、効果があるものとないものがあります。

効果がある黒ずみは、肌が炎症を起こしたあとに残る色素沈着した黒ずみです。

肌の新陳代謝により、皮膚組織に残った色素は、どんどん体外へと排出されていきますが、よく擦れる場所で万年的に黒ずみが残ってしまったような場合に効果を発揮します。

また、やけど跡やニキビの跡、虫刺されで掻いてしまったために残った色素沈着などにも、血行を促進する効果で肌のターンオーバーが正常化され改善が見込めます。

何もしない状態より、早く色素を追い出してくれるという効果が期待できます。

数年に及び、昔はなかったというような黒ずみに有効。

色素が沈着しているという意味で、そばかすや肝斑にも効くのか気になるところですが、どうやらそういった類の黒ずみには効かないようです。

これは、そばかすは遺伝要素の性質が強かったり、肝斑はホルモンバランスによるものだったりするから。

こういった場合には、外用薬だけでの効果は期待ができません。

内服薬による治療が有効的です。

 

ビーソフテンの成分と効能

ビーソフテンの有効成分は「ヘパリン類似物質」というもので、ヘパリンという物質に似た成分。

ヘパリンは医療分野において、血液の固まりを溶かす効果があり、血液中にある血栓を溶かすようなときに使われる物質です。

この効果を用いて、ヘパリン類似物質は、皮下の血行を促進することで肌のターンオーバーを正常化していきます。

またヘパリン類似物質は、水と結合しやすい性質を持っていることから、水分の保持能力が高まります。

充分な潤いを持った皮膚は、正常なターンオーバーを繰り返しますので、結果皮膚に残った色素などの排出が促されるというわけです。

そして、軽微な傷跡をキレイに治すという使い方もあるんです。

傷跡が治癒する途中で、盛りあがってきたり、やけどのあとがケロイド状態になってしまったような場合に、繊維細胞の増殖を抑える働きがあり、傷跡がキレイに治るのです。

掻き壊してしまったような傷跡(虫刺されなど)は、いったん傷の治療をメインにし、良くなってきたころから、保湿剤としてビーフソフテンでのケアが進めらるようなパターンが多いかと思います。

 

ビーソフテンが使える部位

ビーソフテンは医薬品で安全性が認められており、デリケートなお肌にも安心して使って頂けます。

小児科でも赤ちゃんの乾燥したお肌によく処方される保湿剤ですので、部位を問わず使う事ができます。

お顔のシミなどにも使えます。

ビーソフテンはクリームタイプと、ローションタイプがありますので、使用する部位によって使い分けると良いでしょう。

臭いもほぼなく、安心して使う事ができます。

クリームタイプは、軟膏とローションの中間的な存在で、バランスのよい製剤であると言えます。

黒ずみの箇所が多かったり、広いような場合には、クリームタイプをしっかりと塗るのが良さそうですね。

 

 

ビーソフテンの副作用

副作用としては、血流の促進によって弊害が起きる場合が考えられます。まれにですが、出血性の疾患があるような場合ですと、さらに出血が促されることがありますので、重篤な副作用となる場合があります。

良く効くからといって、出血がある状態での使用は不可です。

きわめて副作用の少ないものですが、局所的にかゆみや発赤、潮紅がおきる場合があります。

そのようなときには、使用を中止して医療機関(皮膚科やクリニック)に相談しましょう。

 

ビーソフテンとヒルドイドの違い

ビーソフテンは、ヒルドイドの後発品(ジェネリック医薬品)です。成分は、ほぼ同じなのですが、添加されている基材について違いがあります。どちらもヘパリン類似物質を主成分としているのは同じなのですが、保湿する成分に若干の違いがあるようです。後発品という事で、先発品のヒルドイドとの違いを生み出さなくてはいけませんから、そのあたりは、ビーソフテンにも十分に研究がされているということです。

価格を見ても後発品であるビーソフテンは、ヒルドイドより安いというメリットがあります。

およそですが、薬価はヒルドイドの半分くらい。

どちらもヘパリン類似物質が0.3%含まれているという基準が同じなので、使用感や医師に相談しての使い分けが良さそうです。

医療機関で処方箋を頂いて使うものですので、一般的な化粧品や医薬部外品よりも効果は高いと言えます。

健康保険の適応になるかどうかは、医師に相談のうえです。

 

まとめ

ビーソフテンは、医薬品ですので、万人が手に入りやすいというものではありません。

それでも長年悩んでいるような黒ずみには、効果がありそうなので、一度医療機関で相談してみるのもいいかもしれません。

化粧品にかけていた費用よりも安価で、大きな効果が得られるかもしれませんね。

 

-未分類

Copyright© 【2018年版】黒ずみクリームおすすめ|黒ずんだ肌を本気で治す口コミサイト , 2018 All Rights Reserved.